モンスターペアレントを生まない学校の特徴とは

モンスターペアレントを生まない学校の特徴は、透明性が高いということです。いじめや体罰など子どもの教育について不安が募るほど、保護者たちは学校の対応を気にします。しかし世間体が悪いからと隠蔽すると不信感がさらに強くなり、過剰に学校へ要求してしまうモンスターペアレントになります。学校と保護者が連携を取りながら子どもたちの成長を支えるというスタンスが大切です。

いじめや体罰はゼロであることが最も望ましいですが、発覚した時は教育現場だけで解決しないで保護者たちへの説明も行いましょう。保護者会や三者面談などは子どもについて相談できる良い機会ですが、それだけでは足りないのでいつでも相談できる窓口を用意しておくと良いです。